その他の重要箇所は

重要な水回りやリビングルームは

では最初に、依頼の多い水回りやリビングのお値段を見ていきたいと思います。

これはどの場所もそうですが、商品価格とグレードごとに変化する工事費用を合わせた金額が工事費用になります。

水回りを指すのは、キッチンやトイレ、お風呂や洗面台といった箇所のことです。
それらは場所やグレードにもよりますが、ほとんどが20~100万ほどで上下しています。
やはり水回りが一番お金がかかるということですね。

家の中心とも言うべきリビングルームやリビングダイニングは、どのくらいの広さにするかやどんなオプションをつけるかで変動もありますが、安いクラスで30万、お高めのクラスで100万は余裕で飛びます。
しかし、リビングルームに一番力を入れるお客さんも多いので、そこにお金がかかるのは想定の範囲内なのかもしれませんね。

その他の重要箇所は

こちらのページでは、それ以外の場所をリフォームする場合のお値段をお話したいと思います。

ベットルームは、あまりする人はいませんが、するとしてもだいたい40万以内でおさまることが多いです。
玄関先は、場所が狭いというのもありますが、10万代をかなりお安く仕上げることが出来ます。
廊下は、板の張替えぐらいでしたら30~40万あたりですね。
手すりを付けるなどのバリアフリー仕様にするともう少しかかるでしょう。
クローゼットや押し入れなどの収納スペースは、広さを広げる程度でしたら40万代なのが多いですね。
バルコニーは、20~30万ぐらいが主です。

これらと前出の水回りなどの箇所をトータルすると、300~400万代に上ります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る