ここは気を付けたいポイント

マンション特有の制約がある

これは必ず事前に確認してから、リフォームの申し込みをしておきましょう。

マンションは一応集合住宅にあたるので、一軒家や持ち家と違って、個人では勝手にあれこれ出来ないという部分があります。
その一方で、住人が自由に出来る部分もあったりするので、結構ややこしいのです。
なので、マンションのリフォーム工事とは、話だけ聞くと簡単そうですが、そうでもありません。
一言で言うと、やりやすいようで難しい案件なのです。

そのため、リフォーム工事をするつもりなのでしたら、事前にどのあたりがリフォーム可能なのかを、リフォーム出来る範囲を確認しておきましょう。
これさえしておけば、後々管理会社などともめることはほとんどありませんので。

もし工事になったら

では、仮に本当に工事をすることになったらどうしておくといいのかについてお書きします。

工事となると、業者が頻繁に出入りするようになったり、工事の騒音などでどうしても周囲にご迷惑をおかけしてしまいます。
なので、工事が決定したらちゃんと、マンションの管理会社様や管理人さん、そして隣人を始めとしたご近所さんに一言ご挨拶をしておきましょう。
それさえしておけば、余計なトラブルも減ります。

また、これはマンションごとに差はありますが、いわゆる共用部分はしてはいけないルールになっています。
具体的な箇所は、エントランスやロビーがそれにあたります。
自室でも、ベランダや玄関のドア部分、サッシもNGだというところも多いです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る