リフォームで多い箇所とその理由

マンション住まいの方の方の中には、自分が住んでいる部屋を住みやすく、もしくは自分の好きなようにリフォームしたいとお考えの方も多いでしょう。

しかし、一戸建てと違って多くの人が住んでいるマンションは即リフォームというわけにはいきません。
ましてや賃貸だとそこにたどり着くまでに余計に難しい道をたどるかもしれません。

そこで、このサイトでマンション住まいの方のリフォームについての注意事項や費用、リフォームで依頼の多い箇所についてお書きしたいと思います。

自己所有のアンションの場合は、まずはそのマンションの管理会社に相談しなくてはいけません。
一戸建てと違ってマンションは自分が買った自分の家ですが、集合住宅ですからいろいろなルールや制限があります。
ですので、自分がどの部分をどのようにリフォームしたいのかを伝えて、了解してもらってください。

マンションで多いリフォームとしては、一戸建てと同様にバリアフリーがあります。
しかしマンションは玄関のドアなどを変更することが出来ないことがありますので、このあたりもきちんと管理会社に確認しておきましょう。
また、水回りのリフォームも多い箇所ですね。
たくさん新商品もでていますから、新しいモデルの洗面台を置きたいという要望も多いようです。

また、子どもたちが大きくなって家族の人数が減った時などは、部屋数を減らして一部屋を大きくしたいとか、逆に部屋を仕切りたいという場合もあるようです。
こういった大ががりな工事になると、管理会社はもちろんですが、隣近所の方々へも一言お伝えして、騒音に対するご挨拶をしておいた方が良いと思います。

意外と多いのが床のリフォームです。
今はフローリングが主流ですが、以前は寝室などはカーペットが多く使われていました。
特に二階以上にお住まいであれば、下の階の住人の方によくよくご挨拶をしておくべきでしょう。

マンションの一室をリフォームする際に注意すべきところ

ではまず初めに、リフォームのときによく対象として挙げられる箇所と、そのリフォームに関して多い理由についてお話します。 これはリフォームが頭に思い浮かんだ方なら、一度は考えたことだろうと思います。 あくまでも一例ですので、ご参考になったら幸いです。

その他の重要箇所は

続いては、リフォーム費用についてお話したいと思います。 簡単に費用と言っても、水回りやリビングルームなど場所によってもちろん変わってきます。 思った以上にお金がかかったり、逆にお安くなってたりします。 その違いや内訳がご理解いただけると、話し合いもスムーズに進められるでしょう。

ここは気を付けたいポイント

では最後に、リフォーム工事を行うにあたって、注意を払うべきポイントについてお書きしたいと思います。 当然工事ですから、一大事ですしそんなに簡単に済まされることではありません。 このポイントさえ押さえておけば、リフォーム工事も怖いものではないでしょう。

▲ページTOPへ戻る